『ロウきゅーぶ!SS』4話感想

ロウきゅーぶ!SS#4

第4話「愚か男(おろかもの)」

昴のバスケ同好会の助っ人として、愛莉の兄、万里が登場。

でも実は、万里と愛莉の仲は最近、あまりうまくいってないようだった。

体が大きく喋り方にも威圧感のある男らしすぎる兄に、気弱な愛莉が怯えてしまっているようだった。

そんな中、昴はかつてのライバルである須賀竜一に、智花や真帆など6年女バスの前で無残に負けてしまう。

そしてリベンジを誓う昴と智花、愛莉であったが、万里もコーチとして参加することになった。

変わりたいと言う愛莉に、万里も理解を示し、二人の間にあった溝が少し縮まった。

最後は、調子の出ない智花が、本調子に戻るための秘策?なのか、突然、昴の家に泊めてくれと訪れる。

というところまでが今回だった。

それにしても、いくら智花ママ公認の昴だからって、いきなりお泊りはどうなんよ。

小学生とはいえ、昴だって男だよ。

来週はそんなドキドキする展開に、超期待。なんてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です