『神様のいない日曜日』5話感想

神様のいない日曜日#5

第5話「オルタスⅡ」

オルタスの街を散策するアイの前に、ライオンのお面を被った男が現れ、警告したのは誰だろう。

アイのこと、知っているような感じに見えたけど。

それに、オルタスの姫様は、何者なのか?

両目にアイマスクのようなものを着けているはずなのに、目は見えているのも不思議。

しゃべれないから筆談、でも耳は聞こえているようだ。

予告では体の束縛も、顔を覆っているマスクも外れた姿が写っていたけど、あれはいったい・・・

スカーを呼ぶ声は、姫様なのか?

それとも、別の死者なのか?

姫様は生者だというが、ではなぜ、オルタスにいるのか?

わからないことだらけだが、きっと次あたりでオルタスの闇が明らかになるのか?

ところで、喜多村英梨の歌はいいよね。

声優の歌の中でも頭ひとつ飛び抜けている感じだよね。

下手な歌手よりも上手だよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です