『ロウきゅーぶ!SS』5話感想

ロウきゅーぶ!SS#5

第5話「オーバーナイト・せんせ~しょん」

昴の家に突然泊まりにきた智花。

緊張せずにチームを組めるようになりたい、というのはわかるんだけど、大人だったらお泊りなんてしたら、逆に意識してしまって逆効果になりそう。

だけど、そこは小学生だけあって、お泊り効果で智花の不調はあっという間に解決した。

すかさず竜一たちとの再戦に望む昴たちだったが、気になるのは愛莉の調子がおかしいところ。

でも、そんな愛莉のことをしっかり気にかけてフォローするひなたちゃんが微笑ましい。

愛莉の兄、万里も、最終的にしっかりと愛莉をフォローして、最後に愛莉の背中をしっかりと押して送り出したシーンも泣ける。

その前の頑張れない自分に悔し泣きしてしまう愛莉が愛おしくてたまらない。

こういう感情って、弱いんだよね。

なんか一緒に泣けてしまう。

そして、昴も自分の長所短所に気付き、チーム戦では智花とともに竜一を止め、一対一でも、自然体のフェイントとスクープショットを武器に、竜一に勝利した。

前回のヘタレ昴の汚名返上ってとこか。

竜一との再戦を誓って、智花たちもより一層深い絆に結ばれて、ハッピーエンド。

智花もひなたも可愛いけど、やっぱバスケシーンは熱いね。

来週は、ひなたが修学旅行?

6年生全員一緒じゃないの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です