『犬とハサミは使いよう』6話感想

犬とハサミは使いよう#6

第6話「雨降って犬固まる」

主人公、春海和人と本田書店との出会いのエピソードから、本田書店のピンチと誤解したドタバタ劇で、結局、本田書店の次女、弥生が両親の夫婦喧嘩から勝手に思い込んでいただけというオチであった。

しかし、本田書店を救おうとする健気な弥生には、ちょっとウルッときた。

それにしても、回を追うごとに秋山忍こと夏野霧姫が嫉妬深くなっているのは気のせいか。

はさ次郎によるおしおき、という若干歪んだ愛情表現も不条理すぎるし。

今回こそ、シャイニーちゃんこと秋月マキシが活躍するか、と思ったけど、相変わらずのちょい役止まり。

彼女に今後、それ以上の出番はないのか?

当初思っていたのと印象が違って、結局この作品はシリアスな流れは全くなく、どこまでいっても軽いノリで、不条理を楽しんでいけばいいんだ、というのがようやくわかってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です