『ハイスクールD×D NEW』5話感想

ハイスクールD×D NEW #5

第5話「決戦、駒王学園!」

学園を中心に街ごと滅ぼそうとする堕天使コカビエル。

そして、4本のエクスカリバーを1本にしようとするバルパー。

それらを阻止すべく、学園内に乗り込むリアスたち一行。

しかし、コカビエルの圧倒的なパワーを見せられた上に、冥界の番犬ケルベロスたちと戦うことになる。

朱乃さんやリアス部長が強いのはもちろん、子猫ちゃんもケルベロスを前に一歩も引かない強さに驚く。

肉体的、物理的な強さにあらためて驚かされる。

見た目は可愛いのに。

あと、もうちょっとセリフがあれば・・・

クライマックスで木場に掛ける言葉も「ファイトです・・・!」だけって、どうよ。

結局、ゼノヴィアや木場も参戦し、ケルベロスは撃退し、さらにバランスブレイカーとして覚醒した木場の聖魔剣とゼノヴィアの聖剣デュランダルで、エクスカリバーを破壊、そしてバイパーはコカビエルに消される。

今回の木場の覚醒っぷりを見たら、アーシアや子猫ちゃんが木場に惚れても仕方がないよね、っていうイケメンっぷり。

イケメンなのに、優しくて、カッコイイって、主人公を差し置いて卑怯という他ない。

そして、圧倒的な力を持つコカビエルに、リアスと一誠がどう立ち向かうのか、次回に続く。

今回もスピード感溢れる展開で、息つく暇もない、充実した回であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です