『ロウきゅーぶ!SS』8話感想

ロウきゅーぶ!SS#8

第8話「I Wish with You」

前回に続いて、5年女子との準決勝。

今回は後半戦からスタート。

前半は5年チームにリードを奪われた6年チームだが、後半は昴の作戦により、盛り返しを見せる。

5年チームは、後半に入り、疲労もあり、前半ほどの勢いはなく、それでも最後まで6年チームに食い下がり、僅差で6年チームが勝利した。

今回の戦いの見せ場のひとつは、智花とミミのエース対決。

どちらも一歩も譲らず、これからも良いライバルになりそうな予感がした。

そして、最後に勝負を決めたのは、ここ一番で智花の放ったスクープショット。

昴目線では智花の背中に盛大に羽根が生えたりしてましたが・・・

そして、決勝は二軍とはいえ、強豪相手に勝利し、見事優勝を飾る。

決勝では、愛莉の背中で語る姿に、兄の万里はもちろん、見ているこっちも泣きそうだった。

試合後は、5年チームがゴタゴタしてたけど、謎の少女の登場やらにつながって、いい感じにまとまればいいね。

慰労会では智花のサービスショットというか、色々まずいだろ、コレは。

花とか散らなくていいし(笑)

酔っ払った智花、可愛かった。

積極的なのも、いいね。