『とある科学の超電磁砲S』23話感想

とある科学の超電磁砲S#23

第23話「革命未明(Silent Party)」

いよいよ決戦の日が近くなってきた。

というか、次回が最終決戦で最終回だよね。

メガネ軍団の狙いも明らかになり、彼らのテロ行為を封じるために動き出す御坂美琴とその仲間たち。

婚后光子とその取り巻きも含めて、学研会の会場でそれぞれの持場に着く彼女たち。

果たして御坂美琴や布束砥信は、フェブリを救うことができるのか?

そしてジャーニーも一緒に救い、皆で無事に帰還することができるのか?

アイテムのご一行の参戦もあるのか?

次は確実にクライマックスだけど、尺がちょっと短くないかな?

まあ、敵が大物じゃないからそんなもんか。

クライマックスの見どころは、佐天さんのホームランかな。