『ゴールデンタイム』第1話 あらすじ・ネタバレ・感想

ゴールデンタイム#1

第1話「スプリングタイム」

静岡から東京へ上京し、東京の大学で大学デビューを図ろうとする多田万里(cv 古川慎)だったが、入学式から遅刻した挙句、その後に行われるオリエンテーションのために大学へ向かう途中に道に迷ってしまう始末。

しかし、そんな万里の前に、同じように道に迷ったという柳澤光央(cv 石川界人)が現れ、初日から二人は友人となる。

二人が大学へ向かって歩いていると、突然止まった車から現れた美女・加賀香子(cv 堀江由衣)の花束で、光央がシバかれてしまう。

唖然とする二人を尻目にそのまま立ち去る香子であったが、結局、大学のオリエンテーションでも、光央の後ろに陣取っていたりする。

光央と香子は幼なじみで、香子の描いたシナリオ通りに光央の人生も決められることに嫌気がさした光央が、香子から逃れるためにエスカレーター式に入れる大学ではなく、あえて違う大学を選んだのだが、香子も同じ大学に入学していたのだった。

逃げる光央と、追う香子。

そんな二人の狭間で存在感のあまりない主人公・多田万里の行方はどうなるのか?

そして、ラブコメとはいえ、これといった取り柄もなさそうな主人公の前に現れる美少女たち。

お祭り研究会の通称「リンダ」こと林田奈々(cv 茅野愛衣)、光央が落としていった書類を一緒に拾ってくれた岡千波(cv 木戸衣吹)と、どちらもタイプは違うがどちらも魅力的な女性だったりする。

現時点だと、香子と万里の仲がどうかなるとは全く考えられないが、メインはこの二人であり、『とらドラ!』の竹宮ゆゆこさんの原作なわけで、きっとこれから紆余曲折、まわりのキャラのそれぞれにもストーリーが展開していくことが期待される。

ところで、この『ゴールデンタイム』の原作って、まだ完結していないわけだけど、今回は完結せず、次期で完結するということなんだろうか?

「とらドラ!」の時は、原作全10巻を2クールでやったけど、『ゴールデンタイム』の場合はどうなるんだろうか?

アニメはアニメでオリジナルのエンドを描くというのも、ありっちゃ有りだけどね。

「とらドラ!」の時も、アニメのエンドは原作と違ったしね。

あ、あと、オープニング曲といい、エンディング曲といいい、メインヒロインの cv を務める「堀江由衣」推しがすごいね。