『犬とハサミは使いよう』4話感想

犬とハサミは使いよう#4

第4話「溺れる者は犬をも掴む」

何だかよくわからないまま終了。

前回のラストで出てきた妹は、主人公の思考が伝わっていると思いきや、そうでもないみたいだし。

でもなぜか犬の事をお兄ちゃんだと認識しているみたいだし。

お兄ちゃんだと認識していながら、なぜか秋山忍こと夏野霧姫から犬を奪おうとする。

というか、最終的には窓から飛び込んできて犬を拉致、という強引なやり方。

果たしてあれは本当に妹の円香なのか?

そして通り魔事件の犯人も円香なのか?

でも動機は?

秋山忍の本を持っていた意味は?

3話から始まった通り魔事件も解決せず、妹の円香に引っ掻き回されるだけで終わったような回だった。

それにしても、回を追うごとに夏野霧姫が可愛くみえてくるのが不思議。

あと、この主人公のツッコミ、結構好きだわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です