『とある科学の超電磁砲S』16話感想

とある科学の超電磁砲S#16

第16話「姉妹」

いよいよ決着が着いた。

全てを破壊しそうな勢いの一方通行さんも、限界を超えて立ち上がった上条さんの拳でぶっ飛ばされた。

一方通行さんも上条さんにやられながら、シスターズも意思のある生命であることを考え始めたようだ。

最弱が最強に勝利したことで、レベル6計画も中止されたという。

上条さんが気になってしかたがない御坂美琴の態度もかわいかった。

でも、せっかく佐天さんにも協力してもらって作った手作りクッキーが渡せなかったのは残念だったね。

御坂美琴と妹とのやりとりも、ボケと笑いを交えつつ、良い感じにまとまったようだし

久しぶりに白井黒子や、初春と佐天さんなんかも登場し、ようやくいつもの日常が戻ってきたというところか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です