カテゴリー別アーカイブ: とある科学の超電磁砲

『とある科学の超電磁砲S』24話(最終回)感想

とある科学の超電磁砲S#24

第24話「Eternal Party」

最終回、そして「改革未明(サイレントパーティー)」編が終了。

ちなみに18話でフェブリが出てきてから最終回までの話は、アニメオリジナルで「改革未明(サイレントパーティー)」編というらしい。

最終回にふさわしく、23話からの流れでいい感じに盛り上がったね。

佐天さんもバットだけの活躍と思いきや、思わぬ活躍シーンが用意されていたし、最終的に妹達(シスターズ)の誇るミサカネットワークの演算能力も役に立ったし。

ちょい役ではあったけど、アイテムの面々の動きも結果的に御坂美琴を助けることになってたし。

ラスボスがしょぼくても、ラスボスが暴走させた計画を全力で阻止しにかかるって、1期の最後もそんな感じだったような・・・

にしても、御坂美琴と黒子や佐天さん、初春はもちろん、春上さんまでしっかりと活躍の場があって見ていてワクワクしっぱなしだった。

春上さんと枝先さんを含め、テレパス同士のネットワークとか、湾内さんと泡浮さんの合わせ技とか、厨二心をグイグイ引きこむ感じ。

そして今回の MVP は婚后光子、というか、婚后航空じゃないか?

これまで脇役扱いだった婚后光子が、親の力を最大限に利用して御坂美琴たちを助けるなんて。

黒子をサポート役に成層圏に飛び出していくところなんか、グッときたね。

前半の「妹達」編が重かったから、後半のアニメオリジナルストーリーは、スピード感とワクワク感があって、とっても良かった。

1期の最後もオリジナルで盛り上がったし、また、ぜひ3期をやってほしいね。

その時には、またアニメオリジナルに期待したいね。

『とある科学の超電磁砲S』23話感想

とある科学の超電磁砲S#23

第23話「革命未明(Silent Party)」

いよいよ決戦の日が近くなってきた。

というか、次回が最終決戦で最終回だよね。

メガネ軍団の狙いも明らかになり、彼らのテロ行為を封じるために動き出す御坂美琴とその仲間たち。

婚后光子とその取り巻きも含めて、学研会の会場でそれぞれの持場に着く彼女たち。

果たして御坂美琴や布束砥信は、フェブリを救うことができるのか?

そしてジャーニーも一緒に救い、皆で無事に帰還することができるのか?

アイテムのご一行の参戦もあるのか?

次は確実にクライマックスだけど、尺がちょっと短くないかな?

まあ、敵が大物じゃないからそんなもんか。

クライマックスの見どころは、佐天さんのホームランかな。

『とある科学の超電磁砲S』22話感想

とある科学の超電磁砲S#22

第22話「STUDY」

今回は冒頭からいきなりフレンダのうれしいサービスショット。

っていうか、際ど過ぎじゃないか、あの水着。

スタイルは麦野の方がいいはずなのに、あのフレンダの存在感はなんだろう。

それはともかく、いよいよフェブリを作った黒幕に迫ることになる。

布束さんが敵でなくて良かったとほっとするも、いきなり御坂美琴はピンチに陥る。

一方で、実験台にされただけのアイテムも依頼主を探しているようだし、最後は御坂たちと共闘するという展開か!?

いずれにせよ、次週あたりからクライマックスの予感で、次が待ち遠しい。

『とある科学の超電磁砲S』21話感想

とある科学の超電磁砲S#21

第21話「闇」

残された時間はあと72時間!

救えるか?フェブリの命!!!

ということで、フェブリ登場前後から、不穏な空気はあったものの、基本的にはほのぼのとしていたけど、いよいよ話は急展開を迎える。

婚后光子の友情とか、黒子の優しさとかにも触れ、苦しみも仲間たちと分かち合うことの重要さを思い出し、最後はみんなに協力してもらう御坂美琴。

ずっと御坂美琴が何かを抱えていたことに気づいていた黒子や佐天さん、初春は、待ってましたとばかりにそれぞれに動き出すあたり、少々心もとないチームではあるが、なんか応援したくなるね。

ここからクライマックスに向けて、手に汗握る展開を期待しよう。

『とある科学の超電磁砲S』20話感想

とある科学の超電磁砲S#20

第20話「フェブリ」

謎の研究者グループに狙われる御坂美琴。

謎の力を使ったことによって意識を失ってしまう、フェブリ。

そして、フェブリは間違いなく、人工物であるという宣告。

謎のグループの目的は、独自の技術によって、能力者を凌ぐ力をアピールしようというのか?

さらに謎のグループに布束が所属しているのも気になる。

シスターズの一件では、自身の責任も感じながら、御坂美琴の意思に同調していたようにも見えたんだが・・・

それはともかく、婚后光子が今回のMVPかな。

単なるうざいキャラではなく、実は結構いい人ってのが良く伝わってきたし。

友達思い&実は結構能力高いってことで、好感度は上がらないけど、有事には頼りにできる人の一人になったかも。

『とある科学の超電磁砲S』19話感想

とある科学の超電磁砲S#19

第19話「学園都市研究発表会」

謎の少女フェブリ。

その存在は謎のまま、御坂美琴以外にはなついて、佐天さんと初春の二人でしばらく面倒をみることに。

そして、この少女を狙う謎のグループ。

そして、このグループが次に御坂美琴を実験対象に決定する。

アイテムの麦野でも実験したこの謎のグループは、果たして何が目的なのか?

今回は、佐天さんのしっかりモノっぷりが強調されていたし、御坂美琴や初春への気遣いもできて、パーフェクト佐天さんだったね。

高い能力があるわけでもないし、ジャッジメントでもない佐天さんだけど、明るいだけじゃなく、みんなの心をちょっとずつフォローできるところが、みんなの緩衝材にもなり潤滑剤にもなり、しかもその役割を佐天さん自身が一番わかっているという、実は超重要キャラだったりする。

そうそう、前回からオープニングとエンディングが新しくなっていたんだった。

『とある科学の超電磁砲S』18話感想

とある科学の超電磁砲S#18

第18話「お引越し」

日常回。

といっても、平穏なのは御坂美琴や黒子たちのまわりだけで、なにやら着々と謎の計画が進められている模様。

アイテムたちも登場してるし、フレンダは相変わらずかわいいし。

というか、今回は初春が主役だったね。

鯛焼き持ってきたシーンは不覚にも泣いた。

前の時みたいに、初春の能力を使って温かいまま一生懸命持ってきたのかと思うとさらに泣けた。

なんか、初春がいないところで、初春の事を語ってるシーンは、なんかこのまま初春とお別れになってしまいそうというか、死亡フラグ的なものも感じたけど、ちゃんと戻ってきてほっとした。

いつでも一生懸命な彼女には、絶対に幸せになってほしいな。

なんて思った回だった。

そして、最後に現れた謎の少女は一体?

『とある科学の超電磁砲S』17話感想

とある科学の超電磁砲S#17

第17話「勉強会」

これまでシリアス展開続きだったのも前回で一段落し、今回は久々のほのぼの回だった。

いつものメンツで、佐天さんの家に集まって、勉強会という名のお食事会(?)をするということで、みんなでそれぞれ食材を持ち寄ることになっていた。

何気に初春のハッカーっぷりを強調したり、意図せず婚后光子とばったり出会ってしまう黒子だったり、それぞれに日常のバタバタを抱えつつも、食材の調達を行う。

そして、なんといっても、ファミレスでばったり出会う、アイテムの二人と御坂美琴&黒子のコンビ。

そして戦いの火蓋は、なぜか黒子とフレンダの間に切って落とされ、それぞれにボス、お姉さまがいかに優れているか、というかほとんど暴露大会を始めるものの、双方親分に叱られて終了。

そんなこんなで無事に佐天さんのうちに集合し、初春は野菜、御坂美琴は高級牛肉、黒子はスッポン、ということで真夏の鍋大会が始まる。

勉強会じゃなかったのか、というツッコミは置いておいて、最後に〆のうどんを持って、春上さんが登場。

ということで、次回は特別回?映画の予告なのか、冒頭なのかそんな感じみたい。

『とある科学の超電磁砲S』16話感想

とある科学の超電磁砲S#16

第16話「姉妹」

いよいよ決着が着いた。

全てを破壊しそうな勢いの一方通行さんも、限界を超えて立ち上がった上条さんの拳でぶっ飛ばされた。

一方通行さんも上条さんにやられながら、シスターズも意思のある生命であることを考え始めたようだ。

最弱が最強に勝利したことで、レベル6計画も中止されたという。

上条さんが気になってしかたがない御坂美琴の態度もかわいかった。

でも、せっかく佐天さんにも協力してもらって作った手作りクッキーが渡せなかったのは残念だったね。

御坂美琴と妹とのやりとりも、ボケと笑いを交えつつ、良い感じにまとまったようだし

久しぶりに白井黒子や、初春と佐天さんなんかも登場し、ようやくいつもの日常が戻ってきたというところか。

『とある科学の超電磁砲S』15話感想

とある科学の超電磁砲S#15

第15話「最弱(かみじょうとうま)」

いよいよ上条さんと一方通行さんの対決が始まった。

序盤は一方通行さんの優勢かと思われたその時、上条さんの幻想殺し(イマジンブレイカー)が炸裂。

何が起こったのか理解する前に、何かに目覚める一方通行さん。

その目にはもはや最弱な上条さんを消し飛ばすことしか見えていない。

風の流れさえも制御し、空中に巨大なプラズマを作り上げつつあったその時、町中の風力発電機が逆回転し、プラズマを生成しつつあった風の流れを乱す。

そんな中、上条さんはピクリとも動かない。

果たして彼は死んでしまったのか!

という感じで、とにかく手に汗握る攻防で30分があっという間だった。

御坂美琴もいい感じに間に合ってたし、御坂妹たちもいい働きだった。

来週あたりそろそろ決着か?

そういえば、今回は黒子や初春たちは一切出てこなかったね。

あの大爆発を見て、黒子が駆けつけたりするんだろうか?

御坂美琴&白井黒子のコンビネーションもまた見たいよね。

『とある科学の超電磁砲S』14話感想

とある科学の超電磁砲S#14

第14話「約束」

御坂美琴の泣きじゃくるシーンに全俺が泣いた。

そんなに一人で抱え込まなくていんだよ、上条さんに任せればいいんだよ。

って言いたくなるよね。

とりあえず上条さん最強だし。

御坂美琴にも泣けるけど、黒子の従順さにも毎度泣かされる。

お姉さまを信じると言いつつも、何かできないかとモヤモヤしている。

そんな黒子を見ていると、いじらしくて抱きしめたくなる。

でも、お姉さまの枕に顔をうずめているだけで幸せを感じてしまうような黒子も可愛い。

上条さんが部屋に入ってくる時に、御坂美琴のベッドで寝ている、という状況が笑えた。

そこまでしてお姉さんに近づけたくないのか(笑)、と。

ここ数回に渡る御坂美琴の苦悩はもう辛くて見てられないので、早く上条さんに決着をつけてほしい。

御坂美琴は黒子をど突いている時が一番幸せそうだからね。