カテゴリー別アーカイブ: ハイスクールD×D

『ハイスクールD×D NEW』12話(最終回)感想

ハイスクールD×D NEW #12

第12話「二天龍、激突!」

いやー、最終回ってことで、濃かったね。

1時間分くらいの内容に感じたよ。

冒頭、アザゼルとカテレアと激突!って思ったら、あっさりとカテレアが撃破されちゃうし。

アザゼルさん強すぎ。

呼んでません、アザゼルさん。

でもって、ギャスパーくん始め、みなさんよく働いてくれます。

クライマックスは一誠の赤龍帝ドライグと、ヴァーリの白龍帝アルビオンの対決が熱かった!

ベースとなる本体の実力差を煩悩で詰め寄ろうとする一誠。

かつてこれほどまでに己の煩悩を強さに帰ることのできた主人公はいたであろうか。

いや、一誠ほどのストレートな煩悩はいなかったはず。

それはともかく、これは確実に3期があると感じた。

伏線を残して終わるところといい、一誠の部屋で始まる新生活と、次がないわけがないというほどの終わり方だったし。

サーゼクスも一誠の煩悩パワーを信じてるんだろね。

じゃなきゃ、「オカルト部の女子全員と同居しろ」なんて言わないでしょ。

サーゼクスとしては、リアスと同居しているだけでも十分なはずだし。

結果的に、木場とギャスパーだけが蚊帳の外な感じ。

安定の2期、というか、1期を超える2期だったし、次は2期を超える3期に期待!

『ハイスクールD×D NEW』11話感想

ハイスクールD×D NEW #11

第11話「トップ会談、はじまります!」

今回の一誠も熱かった。

煩悩に対して決してぶれない意思、確固たる友への思い、そして、揺るぎない部長への忠誠心。

一誠も熱いけど、リアス部長の包容力もこれまたいい感じ。

リアス部長、マジ天使。

悪魔だけど。

そういえば、今期、木場がリアスの眷属になった経緯が明らかになり、同じくギャスパーのことも明らかになったけど、あと子猫ちゃんと朱乃さんについてはまだ明らかになってないよね。

これは3期に期待ということなのかも。

お話の方は、アザゼルの狙いはよくわからないが、和平交渉に向けて順調に話が進むかと思いきや、途中で横槍が入る。

横槍を入れたのは、先代のレヴィアタンである、カテリアだった。

そんな中で、覚醒したギャスパー。

ギャスパーの圧倒的な力と、一誠の必殺技「ドレスブレイク」によって、目の前はあられもない姿に・・・

ということで、そろそろ話も終わりに近づき、アザゼル対カテリアの勝負の行方と、白龍皇と赤竜帝の因縁の対決はあるのか、気になるところ。

『ハイスクールD×D NEW』10話感想

ハイスクールD×D NEW #10

第10話「色々、三すくみです!」

ミカエルさんからドラゴンスレイヤーを受け取り、セイクリッドギアに取り込んだ一誠。

そこから怒濤の朱乃さんのターンが始まる。

かつてないほどの朱乃さんの攻撃にさすがの一誠もここまでか・・・

と、思われた瞬間、リアス部長登場。

なんと惜しい展開か。

いつも以上に「あらあら、うふふ」が艶がかっていたような気がするのは気のせいか?

最後は、やけに物わかりのいいアザゼルと、留守番中の子猫ちゃんとギャスパーに迫る謎の軍団はいったい・・・

ということで、今回は朱乃さんのデレ回だった。

そういえば、「色々、三すくみです!」の「色々」って、一誠と朱乃さんとリアス部長の関係のことも含んでるんだね。

天使と堕天使と悪魔の三すくみ以外に何があるのかと思えば、そういうことか。

『ハイスクールD×D NEW』9話感想

ハイスクールD×D NEW #9

第9話「後輩、できました!」

二人目のビショップ、ギャスパー登場。

引きこもりのバンパイアハーフというキャラであるが、見た目は女の子でも、実は男子。

女装が好きということで、制服も女子の制服。

でもって、能力は視界に入ったものの時間を一定時間止めることができるという。

自ら制御できない能力によって虐げられてきたというギャスパーだが、リアス部長を始め、グレモリー眷属の方々は最初からギャスパーが大好きらしい。

普段、あまりリアクションのない子猫ちゃんですら、ギャスパーいじりとなると、率先してニンニクを持ちだすし。

一誠以上のいじられキャラが出てきたのはいいけど、突然あらわれたアザゼルさんはなんでありがたいアドバイスをくれるんだろうね。

最後は神社でミカエルが登場。

次回は、悪魔と堕天使、そして天使の三つ巴、というか、三すくみという展開、らしい。

『ハイスクールD×D NEW』8話感想

ハイスクールD×D NEW #8

第8話「授業参観、はじまります!」

白龍皇”ヴァーリを脅威に感じながら、それはそれとして、高校の授業参観は行われた。

一誠の煩悩の為せる芸術もあり、朱乃さんの誘惑もちょいちょいあり、謎の魔法少女も現れるわで、気が付けば実は限りなく日常回だったような。

しかも、今度はリアスの兄だけじゃなく、父まで自宅に連れ込む一誠の父のコミュ力の高さには恐れ入る。

ちょっと傷ついたリアスを慰めながらのドキドキ展開がくる?かと思いきや、最後にもう一人のビショップを解放しろとか。

ナイトも二人になったし、ビショップも一人より二人の方が心強いしね。

でも、次回予告を見る限り、あまり強そうじゃないけど。

しかも、”お胸”もあまりないようだし。

『ハイスクールD×D NEW』7話感想

ハイスクールD×D NEW #7

第7話「夏です水着です、ピンチです!」

一誠が契約していたおっさんは、堕天使のボス、アザゼルであった。

コカビエルの件もあり、近々、堕天使、天使、悪魔のトップによる、3者会談が行われるという。

そんな事情はあったが、リアス部長以下、オカルト研究部のメンバーは、プール掃除を行うことになり、プール掃除を行った特典として、真っ先にプールを使うことができることになった。

いつも以上に積極的な朱乃さんに、リアス部長の怒りが爆発、さらに加えてゼノヴィアの一誠に対する大胆な告白など、深夜とはいえテレビで放送して大丈夫かと心配になる展開。

そういえば今回から、オープニングとエンディングの曲が新しくなった。

オープニングの絵は、一部新しくなっただけだが、エンディングの絵は完全に新しいものになっている。

というか、このエンディング、ヤバくないか?

深夜アニメとはいえ、かなりギリギリな絵だよね。

夜中に視聴中に家族に見られたら、言い訳できないよね。

ということで、1期以上に攻めている強気な制作陣にエールを送りたい。

『ハイスクールD×D NEW』6話感想

ハイスクールD×D NEW #6

第6話「行け、オカルト研究部!」

コカビエルの前では、ブーステッド・ギアの力を受け取ったリアスの力も及ばず、大ピンチ。

朱乃さんが堕天使の娘だという衝撃の事実に加え、神はすでに先の戦争で滅んでいたという。

そんな絶望の中でも諦めない一誠。

リアス部長からのご褒美の約束だけで超絶パワーアップ。

一誠らしい不純な一途さと、木場とゼノヴィアの助力もあって、コカビエルに迫るかというとき、白竜皇アルビオンが現れ、事態はあっという間に収束。

あっけない幕切れとはなったが、ゼノヴィアが、リアスの二人目のナイトとして加わり、大団円かと思われたが、最後に例のおっさんが堕天使のボスだった事が判明。

どうなる一誠!

というところで終了。

今回も息つく間もなく終了してしまった。

なんか女の子キャラがみんな可愛くて困る。

朱乃さんなんか、あからさまに一誠のことがお気に入りみたいだし。

原作は既に15巻まで出てるみたいだけど、いまさらながら原作読んでみようかな。

『ハイスクールD×D NEW』5話感想

ハイスクールD×D NEW #5

第5話「決戦、駒王学園!」

学園を中心に街ごと滅ぼそうとする堕天使コカビエル。

そして、4本のエクスカリバーを1本にしようとするバルパー。

それらを阻止すべく、学園内に乗り込むリアスたち一行。

しかし、コカビエルの圧倒的なパワーを見せられた上に、冥界の番犬ケルベロスたちと戦うことになる。

朱乃さんやリアス部長が強いのはもちろん、子猫ちゃんもケルベロスを前に一歩も引かない強さに驚く。

肉体的、物理的な強さにあらためて驚かされる。

見た目は可愛いのに。

あと、もうちょっとセリフがあれば・・・

クライマックスで木場に掛ける言葉も「ファイトです・・・!」だけって、どうよ。

結局、ゼノヴィアや木場も参戦し、ケルベロスは撃退し、さらにバランスブレイカーとして覚醒した木場の聖魔剣とゼノヴィアの聖剣デュランダルで、エクスカリバーを破壊、そしてバイパーはコカビエルに消される。

今回の木場の覚醒っぷりを見たら、アーシアや子猫ちゃんが木場に惚れても仕方がないよね、っていうイケメンっぷり。

イケメンなのに、優しくて、カッコイイって、主人公を差し置いて卑怯という他ない。

そして、圧倒的な力を持つコカビエルに、リアスと一誠がどう立ち向かうのか、次回に続く。

今回もスピード感溢れる展開で、息つく暇もない、充実した回であった。

『ハイスクールD×D NEW』4話感想

ハイスクールD×D NEW #3

第4話「強敵、現れました!」

2期になってから、やたらとピンチばかり続いているような気がする一誠たちだが、今回もまた追い詰められてます。

木場に強力を申し出た一行は、手分けしてエクスカリバーの持ち主を探し始める。

そして、以前はぐれ悪魔を撃退した場所で、エクスカリバーを持つフリードに出会う。

早速仕掛ける木場であったが、エクスカリバーの力により、木場と同等以上のスピードを持ったフリードに苦戦する。

しかし、仲間の助けもあって、フリードに渾身の一撃を叩きこもうとした瞬間、聖剣計画の首謀者であるバルパーが現れる。

そしてその一瞬の隙に、フリードとバルパーを逃してしまうが、木場、ゼノヴィア、イリナは、彼らを追って行ってしまう。

リアス部長たちには一誠たちの行動は秘密にしてあったが、結局、リアス部長の知るところになり、お尻叩き千回の刑となった。

一旦、一誠の自宅に帰り、ご褒美タイムはあったものの、結局、翌日になっても木場から連絡はなく、捜索を始めた一行は、瀕死のイリナを発見。

さらに、そこにフリードが現れ、さらに堕天使の中でも幹部クラスであるコカビエルまで登場する。

コカビエルは戦争を起こそうと、学園を拠点に暴れようとするが・・・

ということで、次回は学園を舞台にバトルの予感。

どうでもいいけど、一誠の母、ノリ良すぎでしょ。

美女二人のは●かエプ●ンとか、羨ましすぎ。

あの二人もいいけど、やっぱり子猫ちゃんが最高だね。

『ハイスクールD×D NEW』3話感想

ハイスクールD×D NEW #3

第3話「聖剣、破壊します!」

今回もテンポが良すぎて、あっという間の30分間だった。

ゼノヴィアとイリナとのバトルも熱かったものの、途中適度に一誠らしいトラブルも見どころだった。

誤りとはいえ、アーシアと子猫ちゃんをまとめて餌食にしてしまう一誠は、さすがだった。

子猫ちゃんの「女性の敵です!」発言も良かったし。

一誠の契約したおっさんはやっぱり敵側っぽいし、黒幕っぽい冷酷そうな男もちらっと出て、今後を色々と予想させる展開だった。

木場も最初は頑なに強力を断っていたのが、一誠と、子猫ちゃんの説得に応じた辺り、見ていてホッとした。

子猫ちゃんに服つままれてあんなこと言われたら、そりゃ木場でも断れないよね。

木場と子猫ちゃんの付き合いもそれなりに長そうな感じだしね。

『ハイスクールD×D NEW』2話感想

ハイスクールD×D NEW #2

第2話「聖剣、来ました!」

朝の目覚めはいきなりハーレム展開。

けど、両手で腕枕って、絶対腕痺れてるよな、とか思ったり。

しかし、リアス先輩はともかく、既にアーシアもハーレム入りしてるよね、これ。

でもって、久々にドライグが登場。

一誠に不穏な気配を警告するとともに、ハーレム計画には賛成するドライグさんがちょっとかわいい。

さらに、一誠の幼馴染でもあるイリナとゼノヴィアが登場し、最終的には一誠&木場vsイリナ&ゼノヴィアで非公式ながらバトル開始!ってところで2話は終了。

魔女呼ばわりされるアーシアを守るためにゼノヴィアの前に立ちはだかる一誠、そういう熱いところが見ていて安心する。

一誠の暴走を止めようとする子猫ちゃんだって、本当は飛び出したいと思っているのが伝わってきたり。

なにげに仲間みんなの結束が見えるいいシーンだったね。

にしても話のテンポが良すぎてあっという間に終わってしまうのが毎回惜しい。

木場くんは、早く色々決着を着けて、いつものクールなイケメンに戻ってほしいな。

今のままじゃ、ダーク木場になっちゃうよ。

なんてね。

『ハイスクールD×D NEW』1話感想

ハイスクールD×D NEW #1

第1話「不穏な予感、再びです!」

1期に続き、2期も視聴決定。

色モノかと思いきや、案外真面目な熱血ファンタジー系のストーリーで、1期は期待を裏切って最後まで楽しめた本作。

2期でもノリはそのままで、熱いバトルが繰り広げられてます。

主人公が決してヘタレていないのが見ていて安心できるところかも。

今回も、はぐれ悪魔を退治する時には、しっかりと子猫ちゃんを守ったり、調子のおかしい木場に熱く詰め寄ったり、と期待を裏切らない一誠くん。

能力的には下っ端だけど、潜在能力とその熱血っぷりで、リアス部長や朱乃さん、アーシアはもちろん、子猫ちゃんさえ一誠くんを認めてる存在になっている。

よくあるハーレム状態ではあるけれど、なぜかこのハーレムは見ていて幸せそうなんだよね。

「ハーレム王に、俺はなる!」って言うけど、もうかなり達成してるよね。

それはともかく、2期は、これまでクールなイケメンなだけだった木場くんの過去が明らかになる、ということで2期も激しいバトルが期待できそうなので、楽しみだね。

アルバム見てる子猫ちゃん、可愛い。