カテゴリー別アーカイブ: ロウきゅーぶ

『ロウきゅーぶ!SS』12話(最終回)感想

ロウきゅーぶ!SS#12

第12話「智花(キミ)がいるだけで」

5話に続いて、星空の下で「プロポーズ」。

あれは、どう考えてもプロポーズだよね。

「ずっと、一緒にいてほしい」とか、もう結婚しちゃえよ、お前ら。

って感じ。

智花たちの最初で最後の公式戦は、結局、硯谷に負けて終了してしまったが、中学になってもバスケを続けるという智花たち。

そして、そんな彼女らも中学生になり、中学生になった智花は、中学生の制服を着て、昴に会いに来る。

さらに、智花の思い出。

智花がバスケを始めるきっかけとなった、ある公園での出会い。

それは智花自身も昴であることを覚えているのかどうか、少なくとも昴は覚えていないようだが・・・

バスケを通じて信頼関係を築いてきた昴と智花。

出会いもバスケであり、そしてこの先も二人を繋いでいくのは、バスケなのだろう。

彼女たちが中学生になり、高校生になり、そして大人になっていくのを見てみたいが、この作品はあくまで小学校が舞台。

原作も、中学生になった彼女らを描くことなく終了するということで、もう次期はないはず。

多くの人々に愛された、智花、紗季、真帆、愛莉、ひなたともお別れとなる。

単なる萌えアニメと思いきや、昴も含め、登場するキャラクターがそれぞれ成長を見せるという、なかなか見どころのある作品であった。

あとは DVD の特典や、ゲームの特典の中でしか彼女たちに出会うことはないだろう。

2期から見始めた自分としては、これから1期を見るのを楽しみにするとともに、原作も最初から最後まで読んでみようと思うのであった。

『ロウきゅーぶ!SS』11話感想

ロウきゅーぶ!SS#11

第11話「dearests」

ミニバスケットボール大会の初戦、彗心と硯谷の第一クォーターは、6年生の健闘によりリードを奪って終了。

続く第二クォーターは、5年生が出場。

硯谷は因縁の相手、玲奈が出場する。

1対1では絶対的な実力を持つ玲奈も、1on1出身ということで、チームプレイは全くの素人。

そこに目を付けた昴の作戦として、チームプレイ、特に椿と柊のコンビを中心に玲奈を抑えることに成功する。

それでもチームプレイをしようとしない玲奈と、硯谷のチームメイトとのやり取りが泣ける。

玲奈の実力を認めた上でチームに受け入れようとするメンバーと、1on1でない以上、個人技だけでは限界を感じつつも認めたくない玲奈。

結局、第二クォーターも彗心リードで終了。

しかし、第三クォーターでは、玲奈もようやくチームに迎合し、6年生を中心とした彗心を苦しめ始める。

途中、真帆の離脱もあり、徐々に差を詰められ、ついには逆転を許す。

しかし、一度許した逆転をひっくり返すことはなかなかできず、ついには3点リードされたまま第三クォーターが終了するかと思われたその時、最後の最後、紗季の3点シュートが決まり、試合は延長線へ。

今回は、彗心も硯谷も、すべてのメンバーの見せ場があり、かつ最初から最後まで、手に汗握り、目頭を熱くしながら、涙腺を潤ませながらのバスケ回だった。

「やっぱり、小学生は最高だぜ!」って叫びたくなってしまった。

『ロウきゅーぶ!SS』10話感想

ロウきゅーぶ!SS#10

第10話「wanna Be A Gamemaker」

初の公式戦となるミニバスケットボール大会に向けて練習を積む5年生と6年生。

でも、玲奈へのリベンジの思いが強すぎて、空回りの5年生。

そして、それを諭すように導く6年生。

どうでもいいけど、あの小学校は、学校に風呂があるのか?

いくらお嬢様学校とはいえ、部活のあとのシャワーくらいはあるだろうけど、あれって普通の大型浴場だよね。

学校帰りに銭湯に寄っているわけでもなさそうだし、冷静に考えるとすごいね。

ともかく、後半はいよいよ硯台との対決が始まった。

相手が様子を見ているとはいえ、第1ステージはリードしたまま終了した6年生。

次の第2ステージは因縁の5年生だが、果たしてどうなるか?

そうそう、愛莉とひなたがレベルアップしていて、ちょっとうれしかったな。

『ロウきゅーぶ!SS』9話感想

ロウきゅーぶ!SS#9

第9話「Don’t wanna cry 泣きたくない・・・」

タイトルに「泣きたくない・・・」って入っているのに、思い切り号泣する雅美。

確かにあの状況は大人でも泣きたくなるよね。

まあ、でもそれが紗季と雅美が仲直りするきっかけにもなったわけで、結果オーライでしょ。

なんだかんだ言って、このイベントをきっかけにつばひーも打ち解けたし、いよいよ公式戦に向かうことができるようになったわけだし。

玲奈という少女は、硯台小の5年ってことで、次回はいきなり試合で激突か!?

椿と柊の二人がかりで手も足もでなかった玲奈に、智花たちは太刀打ちできるのか?

『ロウきゅーぶ!SS』8話感想

ロウきゅーぶ!SS#8

第8話「I Wish with You」

前回に続いて、5年女子との準決勝。

今回は後半戦からスタート。

前半は5年チームにリードを奪われた6年チームだが、後半は昴の作戦により、盛り返しを見せる。

5年チームは、後半に入り、疲労もあり、前半ほどの勢いはなく、それでも最後まで6年チームに食い下がり、僅差で6年チームが勝利した。

今回の戦いの見せ場のひとつは、智花とミミのエース対決。

どちらも一歩も譲らず、これからも良いライバルになりそうな予感がした。

そして、最後に勝負を決めたのは、ここ一番で智花の放ったスクープショット。

昴目線では智花の背中に盛大に羽根が生えたりしてましたが・・・

そして、決勝は二軍とはいえ、強豪相手に勝利し、見事優勝を飾る。

決勝では、愛莉の背中で語る姿に、兄の万里はもちろん、見ているこっちも泣きそうだった。

試合後は、5年チームがゴタゴタしてたけど、謎の少女の登場やらにつながって、いい感じにまとまればいいね。

慰労会では智花のサービスショットというか、色々まずいだろ、コレは。

花とか散らなくていいし(笑)

酔っ払った智花、可愛かった。

積極的なのも、いいね。

『ロウきゅーぶ!SS』7話感想

ロウきゅーぶ!SS#7

第7話「Win, again?」

いよいよ5年女子バスケもまとまって、面白くなってきた。

今回は見どころたくさんだった。

身長コンプレックスを克服した愛莉の成長とか、5年チームの団結力、そして葵のイノシシの戦い方とか。

葵の指導と戦略、それに5年チームが団結した結果、6年チームからリードを奪う結果に。

しかし、そこは6年チームだってそのまま終われない。

昴の指示と6年チームの技術で、5年チームに付けられた差を取り返せるのか?!

いつもながらいいところで終わる。

大会といいながら、途中経過をばっさりカットして、5年対6年の試合に入ったのはテンポ良くてよかったね。

そして、この試合の結果、正式に女子バスケ部ができることになるのか?

ところで、1期のオープニングも良かったけど、2期のオープニングもさらにいいね。

花澤香菜も小倉唯も良いですし。

『ロウきゅーぶ!SS』番外編感想

ロウきゅーぶ!SS番外編

番外編「智花のいちごサンデー」+これまでのプレイバック

前半はPSPゲーム『ロウきゅーぶ!ひみつのおとしもの』の限定版に付いてくるオリジナルアニメ「智花のいちごサンデー」の前半を放送。

すっかり新婚さん状態の昴と智花にほんわかしつつ、照れまくりに智花に萌え萌え。

そんな二人にスーパーでばったり出会ってしまった真帆と紗季の意地悪な顔がたまらない。

もしかして最後まで見られるのか?なんて淡い期待を抱いたものの、CM明けはこれまでのプレイバックということで、総集編となった。

「智花のいちごサンデー」の後半も気になるが、PSPゲームを購入する予定はないし・・・

DVD&Blu-rayにでも特典として付いてたらいいのにな、なんて思ったり。

最後のひなたのつぶやき、無邪気に言ってるけど、それ、みんなに聞かれたらいじめられるよ(笑))

『ロウきゅーぶ!SS』6話感想

ロウきゅーぶ!SS#6

第6話「葵は勝つ?」

智花たちが修学旅行ということで、昴がどんな形で絡むかと思いきや、商店街の福引で葵とともに当たった特賞のペア旅行の行き先が、修学旅行と同じ京都。

ご都合展開ではあるが、宿泊先も同じときた。

今回は葵回ということで、最初から最後まで葵の可愛いさが際立つ。

照れる葵に、無邪気な昴。

どう考えてもお似合いなのに、絶対にくっつきそうにないのは、昴の鈍感さのなせるワザだね。

それにしても、小学生とはいえ、入浴シーンを目撃してしまうとは、まったくけしからん。

本当にうらやまけしからん。

あの角度からだと、ひなたとかバッチリ見ちゃってるよね。

まあ、色々あったけど、やはり見せ場は「スクープショット」、、、ではなく、夏陽との息のあったコンビネーションかな。

ちなみにこの作品、軟派な印象があるけど、原作は第15回電撃小説大賞銀賞を受賞した割とちゃんとしたスポ根だったりするんだよね。

『ロウきゅーぶ!SS』5話感想

ロウきゅーぶ!SS#5

第5話「オーバーナイト・せんせ~しょん」

昴の家に突然泊まりにきた智花。

緊張せずにチームを組めるようになりたい、というのはわかるんだけど、大人だったらお泊りなんてしたら、逆に意識してしまって逆効果になりそう。

だけど、そこは小学生だけあって、お泊り効果で智花の不調はあっという間に解決した。

すかさず竜一たちとの再戦に望む昴たちだったが、気になるのは愛莉の調子がおかしいところ。

でも、そんな愛莉のことをしっかり気にかけてフォローするひなたちゃんが微笑ましい。

愛莉の兄、万里も、最終的にしっかりと愛莉をフォローして、最後に愛莉の背中をしっかりと押して送り出したシーンも泣ける。

その前の頑張れない自分に悔し泣きしてしまう愛莉が愛おしくてたまらない。

こういう感情って、弱いんだよね。

なんか一緒に泣けてしまう。

そして、昴も自分の長所短所に気付き、チーム戦では智花とともに竜一を止め、一対一でも、自然体のフェイントとスクープショットを武器に、竜一に勝利した。

前回のヘタレ昴の汚名返上ってとこか。

竜一との再戦を誓って、智花たちもより一層深い絆に結ばれて、ハッピーエンド。

智花もひなたも可愛いけど、やっぱバスケシーンは熱いね。

来週は、ひなたが修学旅行?

6年生全員一緒じゃないの?

『ロウきゅーぶ!SS』4話感想

ロウきゅーぶ!SS#4

第4話「愚か男(おろかもの)」

昴のバスケ同好会の助っ人として、愛莉の兄、万里が登場。

でも実は、万里と愛莉の仲は最近、あまりうまくいってないようだった。

体が大きく喋り方にも威圧感のある男らしすぎる兄に、気弱な愛莉が怯えてしまっているようだった。

そんな中、昴はかつてのライバルである須賀竜一に、智花や真帆など6年女バスの前で無残に負けてしまう。

そしてリベンジを誓う昴と智花、愛莉であったが、万里もコーチとして参加することになった。

変わりたいと言う愛莉に、万里も理解を示し、二人の間にあった溝が少し縮まった。

最後は、調子の出ない智花が、本調子に戻るための秘策?なのか、突然、昴の家に泊めてくれと訪れる。

というところまでが今回だった。

それにしても、いくら智花ママ公認の昴だからって、いきなりお泊りはどうなんよ。

小学生とはいえ、昴だって男だよ。

来週はそんなドキドキする展開に、超期待。なんてね。

『ロウきゅーぶ!SS』3話感想

ロウきゅーぶ!SS#3

第3話「パラダイム銀河」

5年女子の臨時監督に昴の父、銀河が入って試合再開。

それまでとはうってかわって連係プレーが繋がりだす5年女子に驚きながらも、6年女子も負けてはいない。

それぞれの個性を生かしながら、いい試合をする両チーム。

結局、点差だけ見ればまだまだ6年女子には遠くおよばなかったが、今後の成長を期待させるナイスゲームだった。

惜しむらくは放送時間いっぱいまで、試合が見たかったかな。

まあ、5年女バスの結成エピソードだし、しかたないか。

後半は智花の誕生日会。

葵を無自覚に振り回しつつ、智花へのプレゼントを購入した昴。

智花の家では、智花の母からも娘をよろしく的なオーラを出しつつ、雰囲気はお見合い?結納?みたいな。

しかしそんなメインヒロインを差し置いておいしい所を持っていくのが、我らがひなたちゃん。

昴の懐に滑り込む無邪気さは昴さえも虜に・・・、してないか。

ところで、ひなたの「おー!」っていう口癖って、いくらちゃんの「はいー!」に通じるものを感じるのは自分だけかな?

『ロウきゅーぶ!SS』2話感想

ロウきゅーぶ!SS#2

第2話「フライング決闘!」

本格的にバスケ、始まりました。

冒頭から、智花とミミの1対1で始まり、紗季と雅美の因縁、ひなたとかげつのほんわか姉妹、真帆に対するつばひーの双子と、それぞれに対立しつつ5年女バスの結成に向かう。

そこから、体育館の使用権を巡って試合が始まるが、智花たち6年と、即席で作られた5年女バスとでは、当然、差が開く一方。

5年女バスも個人レベルで見れば6年女バスとそれほど実力の差はないはずだが、我の強いメンバーばかりで、しかも即席チームということもあり、チームワークはバラバラ。

そんな状況に愕然となるところへ、昴の父、銀河が登場。

唐突に、臨時で5年女バスの監督となることを宣言。

もちろん、それは昴が手を回したからではあるが、銀河もかつてはそれなりの選手だったわけで、その監督としての実力はいかに?

というところで、今回は終了。

1期を見ていればおなじみのキャラもいるのかもしれないけど、1期を見てない人でもひと通り5年女バスのメンバーのことがわかるような話の展開で、5年女バス結成まで、多少唐突感は感じたものの、納得の展開。

にしても、1話では気づかなかったけど、ひなた可愛すぎ。

「おー!」とか言う口癖、あれは反則だよね。

次回も、ひなたがもっと活躍することを期待する!

『ロウきゅーぶ!SS』1話感想

ロウきゅーぶ!SS#1

第1話「小学生(いのせんと)・わ~るど!」

1期は見てないし、2期も見る予定はなかったけど、テレビをつけたら偶然1話の開始から始まったところだったので、見てしまった。

で、見た結果、今期視聴決定。

2期ということで、たぶん1話は全体的な説明回的な流れかなと思いつつ見てたけど、智花の父親のシーンとか、ちょっとウルッとしてしまった。

もちろん、各キャラクターや関係性がなんとなくわかるような演出もあり、1期を見ていなくてもあまり違和感なく見れた。

1話ということもあり、バスケシーンは少なめで、主人公の昴と、チームメンバーの関係を描くのが中心だったようだ。

見た目の萌えっぷりとは裏腹に、内容は意外にも本格的なスポ根モノらしいので、これからどんどんバスケシーンが出てくるといいな。

それにしても、小学生は可愛い過ぎる。

はなざーさんとは唯にゃんとか、声優さんも豪華だしね。

今の内に1期も見ようか、と思う反面、混乱しそうだから2期を見終わってからにしようか、と思ったり。

しかし、梶さん、仕事し過ぎじゃない?

しかも主役ばっかりだし。

把握しているだけでも、今期は『進撃の巨人』と『ハイスクールD×D』に出てるし、前期も『進撃の巨人』と『変態王子と笑わない猫。』に出てたし。