カテゴリー別アーカイブ: 京騒戯画

『京騒戯画』#00 あらすじ・ネタバレ・感想

京騒戯画#00

#00「予習篇」

京都であって京都でない。

独自の発展を遂げた箱庭のような空間、「鏡都」。

ひょんなことからそんな世界に迷い込んでしまった女の子・コト。

謎の坊主に出会ったり、メカオタクの女の子に追いかけられたりと
波乱万丈の日々をけっこう楽しんじゃったりもしていた彼女だが、
知らぬところである計画が動き出しつつあった・・・。

妖怪と人間が入り交じった不思議な街で、今、祭りが始まる!

ということで、のっけからいきなり派手なアクションと不思議な世界観が展開し、わけがわからないけどなんだか爽快にバトル(?)が展開される。

独特の色使いと、人の社会に混じり込む魔物か妖怪のような怪しげな物体、それに主人公と思われる女の子の振り回す、変幻自在の小槌。

わけがわからないけど、導入のツカミは抜群で、よくわからないままに見入ってしまう。

どうやら舞台は「京都」とよく似た世界「鏡都」のようで、そんな「鏡都」に迷い込んでしまった女の子の「コト」(cv 釘宮理恵)が主人公。

「コト」が手にしている変幻自在のハンマーは借り物らしいが「アラタマ」という名が付いているもよう。

そして、「コト」と一緒に暴れまわっているのが、式神の「阿」(cv 日高のり子)、「吽」(cv 白石涼子)である。

そんな「コト」「阿」「吽」の居候先の僧侶が「明恵(みょうえ)」(cv 鈴村健一)であり、「明恵」は「鏡都」の「三人議会」の一人でもある。

元の世界へ戻ろうとしている「コト」だったが、どうやら「三人議会」の企みに利用されそうになっている「コト」。

「三人議会」の3人のうち、明恵以外の2人は、鏡都に祀られている「古都さま」をコトを依代として呼びだそうとしていた。

そして、反対する明恵を押し切り、他の2人によって、「古都さま」が呼び出され・・・

というところまでが、今回のお話。

どうやらこの「予習篇」は、過去に YouTube などで公開されていたプロモーション映像のまとめのようで、次からがテレビアニメのオリジナルストーリーとなるようだ。

なお、この『京騒戯画』は、バンプレストと東映アニメーションが初タッグを組んだアニメーションプロジェクトであり、2011年に制作発表が行われた後、同じ年の年末にプロモーション映像の第一弾が公開され、翌年8月には第二弾(全五話)が公開されていた。

正直、今回の予習篇だけではなんとも言えないが、それなりに大掛かりなプロジェクトであることや、映像のクオリティは今回の放映で確認できたので、しばらくチェックしていこうと思う。