カテゴリー別アーカイブ: 犬とハサミは使いよう

『犬とハサミは使いよう』12話(最終回)感想

犬とハサミは使いよう#12(最終回)

第12話「犬とハサミは使いよう」

これまで散々不条理な展開を続けてきた「犬とハサミは使いよう」も、今回で最終回。

サブキャラたちは結局これといった活躍もみせず、シャイニーちゃんも、姫萩紅葉も夏野の妄想の中に出てくるのみ。

というか、冒頭は変態担当者の勝手な妄想で、続く中盤から後半までほぼ夏野の妄想という不条理さ。

こんなに長い妄想シーンは初めてだよ。

そして最後はいい雰囲気と見せかけて、オチはゲロという始末。

とにかく勢いだけで突っ走ってきた「犬ハサ」ではあるが、予想外に最後まで楽しめた。

次期を期待するかと言われると微妙だけど、偶然見始めただけなのに、いつの間にか放送日が待ち遠しくなっていたという。

でも、最終回のキレイな夏野さん、かわいかったよ!

『犬とハサミは使いよう』11話感想

犬とハサミは使いよう#11

第11話「犬振り合うのも多生の縁」

いよいよシャイニーと対決かと思えば、またもや対決はお流れに・・・

”深淵の向こう側”姫萩 紅葉も結局メイドしか出て来ないし。

まあ、穢殺刃とのバトルは熱かったから良しとするか。

で、今回の話は何だったのかというと、七色のカレーを食べるか否か、に尽きる・・・のか?

ところで、次回のタイトル「犬とはさみは使いよう」って、まさか最終回なのか?

それとも最終回と見せかけてもう一話あるパターンか?

『犬とハサミは使いよう』10話感想

犬とハサミは使いよう#10

第10話「光陰犬の如し」

なんだかんだで今回もバトル回だった。

学校の図書館に隠してあった原稿を取り出したことから、犬が春海和人だと確信した映見。

そして、「春海和人との約束を守るためには、秋山忍を倒して乗り越える必要がある」などと、毎度のことながら、無茶苦茶な理由によって、戦いの幕が切って落とされる。

今回のバトルは、小説家らしく、執筆戦という、わけのわからん対戦方法。

とはいえ、このアニメにまともな戦いを期待するのは間違いで、映見の繰り出す様々な奥義は、どれもこれもセコい妨害手段。

そんな妨害にも怯まず、着実に実力で差をつける秋山忍。

しかし、最後の最後で、映見があらかじめ小説に仕込んでいた暗示が発動し、夏野自身で夏野を攻撃しようとする。

その間に差を詰める映見。

絶体絶命かと思われたその時、秋山忍が意地を見せ、口でペンを咥えて執筆を続行。

なんとか僅差で勝利となった。

結局、対戦が終わって、秋山忍こと夏野霧姫と大澤映見は無事師弟関係となったのでした。

『犬とハサミは使いよう』9話感想

犬とハサミは使いよう#9

第9話「犬無いところに煙は立たず」

藤巻蛍とは誰なのか?

そして、夏野を狙うストーカーとは一体?

そういえば、、春海和人(犬)と夏野が段々相思相愛な感じになってきたね。

立体に興味はなく、「活字になって出直せ!」とまで言っていたはずなのに、夏野の読書姿に飛びかかってしまうとは、まるで獣だね。

まあ、今は犬だし。。

それにしても相変わらずの不条理っぷりで、黒幕かと思ったおっさんもちょい役っぽいし。

この、謎が謎を呼ばない展開で最後までいってほしいね。

今期、気楽に見れて面白く、想定外だったアニメのひとつ。

『犬とハサミは使いよう』8話感想

犬とハサミは使いよう#8

第8話「湯に入りて犬に入らざれ」

なんか夏野霧姫が犬と仲良くなるためにドタバタする回。

それにしても犬となった春海和人と、そんな犬に恋する秋山忍こと夏野霧姫が結ばれる日は来るのか?

というか、犬と結ばれるって、あり得るのか?

そんな疑問を持ちつつも、いつも以上に暴走する夏野霧姫。

そして、マイペースに夏野霧姫を困惑させる春海和人の妹、円香。

温泉宿に泊まってゆっくりのつもりが、またも不条理なバトル展開。

裏で手を引いている謎の人物がいるようだが、今回登場した家族の話や、姉の話などに絡むのかもしれない。

ともあれ、事態は収束し、円香も再び「鮪喰(マグロイーター)」を手に入れ、めでたしめでたし。

温泉にきたはずなのに、ほとんどの登場人物に遭遇するという超展開もこの作品の不条理さを表していると言えよう。

アフロと本屋の幼女とオヤジさんくらいじゃないか、出てこなかったのは。

『犬とハサミは使いよう』7話感想

犬とハサミは使いよう#7

第7話「犬も鳴かずば撃たれまい」

いつも以上に、デレたり照れたりする夏野霧姫が多くて良かった。

普段がドSなだけに、乙女な姿がより可愛いく感じるよね。

ブラに犬の刺繍があったりとか、それを見られて恥ずかしがるところとか、可愛いすぎて苦しい。

けど、その延長線上にある愛情表現は「はさ次郎」によるお仕置きという不条理さ。

しかし、今回登場した「穢殺刃(けがれざっぱー)」もやばそうな武器だったね。

「鮪喰(マグロイーター)」とは格が違う感じ。

いつもながら不条理な展開で面白いんだけど、中々他のキャラが絡んでこないのが心配になってくる。

もう7話なんだけど、このまま不完全燃焼で終わるのか?

不完全燃焼なんだろ、そうなんだろ、そうなんだろ?

『犬とハサミは使いよう』6話感想

犬とハサミは使いよう#6

第6話「雨降って犬固まる」

主人公、春海和人と本田書店との出会いのエピソードから、本田書店のピンチと誤解したドタバタ劇で、結局、本田書店の次女、弥生が両親の夫婦喧嘩から勝手に思い込んでいただけというオチであった。

しかし、本田書店を救おうとする健気な弥生には、ちょっとウルッときた。

それにしても、回を追うごとに秋山忍こと夏野霧姫が嫉妬深くなっているのは気のせいか。

はさ次郎によるおしおき、という若干歪んだ愛情表現も不条理すぎるし。

今回こそ、シャイニーちゃんこと秋月マキシが活躍するか、と思ったけど、相変わらずのちょい役止まり。

彼女に今後、それ以上の出番はないのか?

当初思っていたのと印象が違って、結局この作品はシリアスな流れは全くなく、どこまでいっても軽いノリで、不条理を楽しんでいけばいいんだ、というのがようやくわかってきた。

『犬とハサミは使いよう』5話感想

犬とハサミは使いよう#5

第5話「虎穴に入らずんば犬を得ず」

秋山忍こと夏野霧姫の部屋にお兄ちゃんを追って乱入してきた春海和人の妹、円香。

夏野霧姫に論破されつつも兄と信じる犬を抱えて窓から飛び出す円香。

そして決戦の場を公園に移し、本格的なバトルが始まる。

円香の獲物は、ずっと愛用してきた電動包丁「鮪喰(マグロイーター)」。

そして夏野霧姫はもちろんいつもの愛鋏「ハサ次郎」。

最初から最後まで夏野霧姫の優勢であったが、「鮪喰(マグロイーター)」の最終形態から放たれた砲弾で、さしもの夏野霧姫も万事休すかと思われたが、その砲弾すら愛鋏「ハサ次郎」で両断してしまうという無茶苦茶ぶりにようやく円香も戦意を喪失する。

結局、円香を勝手に義妹扱いして仲良しになってめでたし、と。

で、通り魔事件は、スランプを脱出させようとした担当の柊鈴菜の策であり、実は本物の通り魔は早々に撃退されていたというオチ。

無駄に熱いバトルはストーリーにはあんまり関係なかったような・・・

主人公の突っ込みが間に合わないほどの不条理さこそが、この作品の見所なんだと、5話目にして気付かされた。

それにしても、シャイニーちゃんや、三大作家とやらのもう一人はまだ絡んで来ないんだろうか?

最初は違和感のあったオープニングテーマもいつの間にか、心地よくなってきたし。

『犬とハサミは使いよう』4話感想

犬とハサミは使いよう#4

第4話「溺れる者は犬をも掴む」

何だかよくわからないまま終了。

前回のラストで出てきた妹は、主人公の思考が伝わっていると思いきや、そうでもないみたいだし。

でもなぜか犬の事をお兄ちゃんだと認識しているみたいだし。

お兄ちゃんだと認識していながら、なぜか秋山忍こと夏野霧姫から犬を奪おうとする。

というか、最終的には窓から飛び込んできて犬を拉致、という強引なやり方。

果たしてあれは本当に妹の円香なのか?

そして通り魔事件の犯人も円香なのか?

でも動機は?

秋山忍の本を持っていた意味は?

3話から始まった通り魔事件も解決せず、妹の円香に引っ掻き回されるだけで終わったような回だった。

それにしても、回を追うごとに夏野霧姫が可愛くみえてくるのが不思議。

あと、この主人公のツッコミ、結構好きだわ。

『犬とハサミは使いよう』3話感想

犬とハサミは使いよう#3

第3話「飛んで火に入る冬の犬」

冒頭から秋山忍の担当編集である柊鈴菜(CV 伊藤静)が暴走してます。

主人公の犬、春海和人(CV 櫻井孝宏)に対抗しているのかしていないのか、よくわからない暴走キャラだが、もう一人の白い奴、秋月 マキシ(CV 芹澤優)もようやくまともに紹介された。

なんとなくキャラの紹介を交えつつ、ストーリーは謎の通り魔へ。

通り魔の目撃情報には、なぜが秋山忍の本が絡む。

果たして、犯人はいったい・・・

というところで、最後に、主人公の妹が登場。

しかも、犬になった主人公の声(というか考え)が伝わっている様子。

秋山忍こと夏野霧姫と、お兄ちゃんを取り戻した妹、春海円香(CV 阿澄佳奈)が、次回、どう絡んでいくのか?

そして、通り魔事件は解決するのか?

それにしても、なぜ夏野霧姫はいつもハサミを持っているだろうか?

あと、完全に主人公に気がある様子だけど、人と犬でどうするんだ?

謎は深まるばかり。

『犬とハサミは使いよう』2話感想

犬とハサミは使いよう#2

第2話「犬は熱いうちに打て」

1話からの流れは、一旦決着が着いて、ようやく次回から本格的にドタバタコメディが始まる、っていう流れか?

犯人の潜伏先を言い当てる推理は夏野霧姫の頭脳のおかげと思いたいけど、お姉さんが警察とか、いくら空き部屋となっているからって、隣の部屋が捜査もされないってのはちょっとご都合主義かい?って思ったけど。

「作家の書いた本を、読者の解釈が超えた!」みたいな発想も嫌いじゃいし、大いに笑わせてもらった。

ドSっぷりをことさら強調してきた夏野霧姫が、最後に犬にデレるのは可愛かった。

もっとも、思考は人間とはいえ、体は犬という相手に、今後どうラブコメ展開があるのかというのは、謎な部分でもある。

犬と人間で恋愛的なハッピーエンドはないと思うけど、白い女や謎の車椅子少女、それに犬になった主人公、春海和人の妹も出てくるみたいだし、今後の展開に期待。

ところで、リアルに考えると、犬目線でありながら心が読まれるって、男としては厳しすぎる罰ゲームだよね。

『犬とハサミは使いよう』1話感想

犬とハサミは使いよう#1

第1話「犬も歩けば棒に当たる」

とりあえず1話は見てみようと思って見てみた『犬とハサミは使いよう』。

導入はいきなり、「僕は犬」で、「謎の美女に飼われている」のに、その美女に本気で殺されそうになっている、みたいな。

このオープニングには、突然過ぎて無茶苦茶過ぎて、とりあえず興味は惹かれた。

そして、その状況に至るまでの話に戻るわけだが、読書マニアな主人公は、喫茶店で強盗に殺されてしまうものの、大好きな作家「秋山忍」の続編読みたさに犬として転生する。

死の淵でなぜ犬が現れて、手を伸ばした瞬間、犬として転生する、というのが演出なのか伏線なのか、よくわからないけどこの先で「犬」になった理由とか明らかになるんじゃないかと。

でもって、犬になった主人公「晴海和人」が、拾われたペットショップのケージの中で大好きな作家「秋山忍」の名を呼び続けていると、なぜか喫茶店で会った謎の美女が表れる。

で、その謎の美女が実は大好きな作家「秋山忍」であることが判明する。

と、ここまでが、イントロ部分で、結局「秋山忍」こと「夏野霧姫」に飼われることになった。

そして、これからこの美女と犬の組み合わせで、話が進んでいく、と思う。

1話の最後では、主人公「晴海和人」の住んでいた部屋を確認しに行くという話になったものの、微妙に部屋番号が違うことに違和感を持ち・・・

ということで、次回に繋がっていく、・・・・・はず。

ヒロインの「夏野霧姫」って、雰囲気が『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』の「雪ノ下雪乃」に似てると思った。

才色兼備でクールなところとか。

けど、「夏野霧姫」の無茶苦茶ぶりとか、なぜ「ハサミ」を持っているか、とか謎な点は多いけど。