タグ別アーカイブ: 2013春

『断裁分離のクライムエッジ』の総評

祝ちゃん可愛かった。

それに、案外、際どいシーンが多かったね。

最終回とか、エミリーにそんな事言わせてるのかよ!って思ったし。

最初から最後まで祝ちゃんと切くんのイチャイチャっぷりが見ていてこっ恥ずかしかった。

けど、ラブラブなのは嫌いじゃない。

ストーリーの方は、ようやくこれからってところで終わったので、できれば2期で本気出してほしい。

とは言っても、似たような終わり方をした『C3(シーキューブ)』も、2期の声は聞こえてこないし、きっと次はないんだろうな。

世界観というか、設定については面白かった。

「キリンググッズ」とか「オーサー」、「インステッド」あたりの中二心をくすぐる独特の用語とかね。

でもこの手の用語は文字で読んだほうが楽しめるよね。

  • 「殺害遺品(キリンググッズ)」
  • 「権利者(オーサー)」
  • 「代償(インステッド)」
  • 「醜聞(ゴシップ)」

とかね。

そうそう、「断裁分離のクライムエッジ」にしても「鮮血解体のオープナー」、「昏睡昇天のインジェクション」っていう「xxxのxxx」っていう名前も語呂がよくて、中二病全開なネーミングは最高だね。

独特の世界観と、魅力的なネーミングで、話の方ももう少し深みがあると良かったけど、その前に終わっちゃったね。

 

 

『変態王子と笑わない猫』の総評

録り溜めてあった最終回までの三話をまとめて見終わったので、『変態王子と笑わない猫』について総評してみる。

まず、このアニメ、ヒロインが二人とも可愛い過ぎて胸が苦しかった。

小豆梓の一途なところや感情的なところもたまらんし、月子の感情が表に出ないからこそのいじらしさとか、「あぁ、これが“萌え“なんだ」とつくづく実感させられた。

原作も読んでないし、まったく予備知識なしで見始めて、前半は単なる学園ラブコメ萌えアニメかと思って気楽に見てた。

ところが、主人公の横寺の家が消えた辺りから話の流れがどこに向かってるのかわからなくなって、さらにエミが出てきて学園がワケわかんなくなった辺りは見ているこっちもワケがわからないという有り様。

でも、終盤で一気に話がまとまり、横寺の記憶や、鋼鉄さんの記憶、筒隠家と横寺の関係が明らかにされてスッキリ。

中盤のワケわかんなさには戸惑ったけど、全体としては自分の中で一番満足だった。

オープニングの歌もエンディングの歌もどっちも良かったし。

小倉唯ちゃんの声も歌も可愛かったし、ゆかりんの歌もオープニングの絵も何度見ても聞いても飽きないし。

最終回の最後で、小豆梓犬と、月子猫のやり取りもいい!

特に小豆梓が尻尾をいじりながらでれでれするとか、ヤバすぎでしょ。

次はなさそうな終わり方だったけど、二期があればぜひ見たいな。

円盤買っちゃおうかな・・・